恋愛で「運命の赤い糸」は一本じゃない。

恋愛では、よく「運命の赤い糸」という言葉を耳にします。

でも運命の赤い糸は、一本じゃなくて、あなたの指から何本も出ているのかも知れません。

人間は狭い世界の中で恋をしています。

普通の人が一生の内に出会う人の数は、1万人~10万人だと言われています。

平均して5万人だとしましょう。

この中でも知り合いと言えるのは、せいぜい1,000人程度です。

1,000人の半数が異性として、500人になります。

さらにあなたの恋愛や結婚の対象となる年齢の人は、ごく一部です。

多くの人が、この限られた人数の中で、「運命の赤い糸」を探そうとします。

日本の人口は1億2千万人以上です。多分あなたの恋愛対象となりそうな世代の異性は、少なくとも500万人はいるでしょう。

するとあなたは、ほとんどの異性と出会うことなく、狭い範囲の人間関係で、恋人を決めることになります。

もしあなたが100人いて、日本各地で生活していたら、それぞれに「運命の赤い糸」と思えるような異性との出会いがあるハズです。

今、あなたが運命の赤い糸だと思っているのは、そのうちの1本に過ぎません。

だから失恋しても気にする必要はありません。

運命の赤い糸は、あなたの小指から、まだまだたくさん出ているのですから。

あなたが行動範囲を少し変えるだけで、新たな出会いがきっと生まれます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






恋愛入門ブログ TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。